INTERVIEW 社員インタビュー

海外のIT企業でマーケティングに携わってきた
バックボーンを活かして、組織に新たな風を。

マーケティング企画部 マネージャー

ーインベストオンラインに入社するまでの経緯を教えてください。

当社に入社する前は、20年間海外に住んでいました。日本の高校を卒業してから現地の大学へ進学して、卒業後にWEBアプリケーションを取り扱う企業に就職し、約15年マーケティング業務に従事していました。

その頃から、日本には時々一時帰国することがありましたし、日本人としてやっぱり日本の動向はよく気にしていて。そんな時に、日本の面白い会社があるから代表に会ってみないかと偶然声をかけてもらい、会ったのが代表の箕作でした。

面白い人だな、というのが第一印象でしたね。会った時に、「自分が社員だったとして、ずっといてもいいなと思えるような会社を作りたい。でも、まだまだ組織ができあがっていない状態だから、ぜひ入社してもらって新しい風を吹き込んでもらいたい」と言ってもらって。この人のもとでなら、良い仕事ができそうだと直感的に思いました。それですぐに海外の家を引き払い、日本に帰国して当社へ入社しました。

ー現在の仕事内容と、当社で働く上でのやりがいを教えてください。

私の所属するマーケティング企画部では、主にマーケティング全般を行ないます。私は、WEBを中心とした広告運用を担当しています。また、管理職の一人として部署のスタッフのマネジメントも兼任しています。日々提案や改善事項となっている課題に対して取り組んだり、制作物の相談を受けたりそのチェックをしたり部署内に限らずスタッフとのコミュニケーションを大切にしています。

当社は、人間関係も良いことはもちろん、会社の体制としてもアイデアを出しやすい環境が整っていると思います。常に業界の動向に目を向けて、悩む前にまずはやってみる。例え成果が出なかったとしても、ネガティブな意見を交わすのではなくて、良いものに変えるためのポジティブに打開策を考えるという、常に前向きな雰囲気のある職場なので、やりがいも充実感もある職場だと思います。

ーインベストオンラインの魅力は、何ですか?

忙しく辛い状況でも、お互いを尊重し合う仲間意識を全員が持っているところです。自分は関係ないというような考えを持っている人はいませんし、細かいところまで共有し合える文化が根づいていると思います。だからこそ仕事で成果を成し遂げた際は、みんなで心から喜び合いますし、仕事から離れて飲み会や食事に行く時には、より一層楽しい時間を分かち合うことができます。

それが普段からの業務に活かされ、お互いの信頼度もどんどん高まってきていると感じています。

ー今後のビジョンを教えてください。

当社に入社する前は、不動産業界についての知識は全くと言っていいほどにありませんでしたが、WEB広告やマーケティングにおいては共通する部分は多くあります。特に当社はWEBによるマーケティングでほとんどの集客を行っている会社なので、私自身能力を存分に発揮させていただける場だと思っています。

私がこれまでに経験してきたことや培ってきたスキルを当社で発揮して、常に客観的に情報分析を行ないマーケティング戦略のできる専門家を目指しています。海外経験が長く、さまざまな人種の仲間たちと接してきた私だからこそできることでも会社に貢献していけたら良いですね。

また、仕事と直接的に関係ありませんが、おいしいものを食べることや作ることが趣味の一つでもあるので、いつか自分で飲食店をやってみたいのが夢です。