INTERVIEW 社員インタビュー

オーダー通りの図面の作成は当たり前。
プロとして、お客さまが望む以上の提案を。

設計部 設計1課 課長

ー現在の仕事内容と、仕事をする上で心がけていることを教えてください。

仕入部が持ってきた土地情報に対してボリューム設計を行い案件が商品化されます。その案件にお客様がついた段階で基本設計を行い計画や間取りのブラッシュアップを行い、最終的にはその設計図をもとに外部の設計事務所に発注するまでの業務を担当しています。時には、これまでになかった新しい物件のプランを作るプロジェクトに参加することも。実際に私が入社してからも、「グランクオール」という新しい商品ブランドが立ち上がりました。

通常の場合、基本設計を行う時には、既にその案件はお客さまがいらっしゃる状態です。ですから、実際に基本設計を行うことになった時に、商品化時にお客さまに提案していたボリューム図面通りにいかなくなるということが起きると、お客さまに迷惑をかけてしまいます。なので、オーダー通りの設計図を作成することはもちろんですが、お客さまが望んでいらっしゃる以上のより良い設計図面に仕上げていくこと。設計士として、そんなことを心がけて仕事をしています。

ーこの仕事のやりがいや魅力は、何だと思いますか?

前職では、今と同じように2階建てや3階建ての新築アパートを扱っていて、商品企画をしたり、販促資料を作ったりする仕事をしていました。その時には、自分の担当している仕事がエンドユーザーのお客さまにきちんとそのまま伝わっているのか、会社の業績につながっているのかということが、実感できなかったのです。それに比べて今の仕事は、既にお客さまがいらっしゃって、自分が描いた図面をそのままお客さまに提案し、物件が建ちます。それがそのまま、会社の業績にもつながります。そんな風に目に見えて成果を感じられることが、仕事をする上での一つのやりがいになっていると思います。

ー職場の雰囲気や社員の雰囲気について、教えてください。

インベストオンラインでは、部署内はもちろんのこと部門同士の交流が活発に行われています。役職の付いている人同士が集まる会議は日頃からよく行われていますし、役職の付いていない人同士もコミュニケーションをとる機会が多くあります。業務上で困っていることや改善案などについていつでも話し合うことができるのが、仕事をする上で良い環境なのではないでしょうか。社内イベントも定期的に開催されていて、業務以外の話をしたり、一緒に食事をしたりと、より気軽に話すことができる機会も。ざっくばらんに話しているうちに逆に仕事の話になって、困っていたことや悩んでいたことの解決策が見つかることもあります。

社員の雰囲気は部署ごとに異なるとは思いますが、基本的に明るい人が多いですし、パワーがある人が多い。さまざまな経験を持つ人や、その道のプロフェッショナルが多く在籍しているので、その知見やパワーをもらうことで、それが自分の成長にもつながっていると感じています。

ー入社を考えている方へメッセージをどうぞ。

今現在、転職を考えている方は、今の会社に対してや担当している仕事に対して、いろいろと思うところがあると思います。僕の場合も、もっと自分の仕事の幅を広げたい、新しいことに挑戦したいという思いがあって、この会社に転職した一人です。インベストオンラインなら、規定の型にはまることなく、従来の不動産会社ではできないことができます。自分のやりたいことがはっきりしている人の場合は、その仕事を思いっきりやることができる環境があると思いますね。そのやりたい仕事や業務が、今はまだ当社にない場合にはもしかすると、あなたがこの会社に一石を投じる立場になれるかもしれません。