INTERVIEW 社員インタビュー

何よりも大切なのは、スピード。
その努力が、お客さまの信頼と満足度につながる。

仕入部 課長

ーインベストオンラインに入社する決め手は、何でしたか?

当社に入社する前は13年間、パワービルダーで建売住宅の用地仕入れを行ってきました。
もっと仕事の幅を広げていきたい。そう思ったことが、転職を考えるきっかけでした。当社に入社しようと思った決め手は、たった一つ。単純に面白いことができそうな会社だと思ったからです。

入社する前に代表の箕作と話す機会があったのですが、良い意味で不動産業界の人間らしくないなと感じましたし、フットワークが軽そうな印象を受けましたので、この人のもとでならいろいろなことに挑戦できそうだと思いました。

ー現在の仕事内容と、仕事をする上で心がけていることを教えてください。

前職時代から培ってきたつながりを活かし、地元の不動産会社様や仲介会社様からいただいた公開前の土地情報をもとに購入するという新築アパートの用地仕入れを担当しています。

仕事をする上で心がけているのは、何と言ってもスピード感。
土地情報を仕入れてから購入の手を挙げるまで、いかに短期間でできるかが勝負です。紹介していただいた物件が当社の規格に当てはまらない場合でも、短期間できちんとその理由を説明して、どんな土地を望んでいるのかをお話しする。そうすれば土地を紹介してくださった方は、またすぐに他の業者様へ土地を振ることができるのでご迷惑をおかけすることもないですし、結果的にそれが紹介者の方の信頼を勝ち取ることにもつながるはずです。

また、当社は部署ごとに役割が細分化されていて、仕入部は全ての工程の始まりの部署です。後々投資家のお客さまにご迷惑がかからないよう、きちんと仕入部で土地の精査やアパートの企画を行い、営業部に素早くスムーズに引き継ぐことも大切なことだと思っています。

ーこの仕事のやりがいや魅力は、何だと思いますか?

私が仕入れた土地に、アパートが建つ。そのアパートにいずれは人が住んで、その一人ひとりの暮らしを支えている。そう考えると、やっぱりこの仕事をしていてよかったと感じますね。年に一度は完成物件の見学会を部内で行っていて、実際に自分が携わった完成物件を見学する機会もあります。実際に満室の自社企画アパートを目にすると喜びもひとしおですし、誇らしい気持ちになります。

また、成果に対して正当に評価してもらえる会社で働けていることも、毎日のモチベーションや働きがいになっています。上司や役員が一人ひとりにきちんと目を配って見てくれていますし、他部署とのやりとりの様子が上に伝わって評価されることもあります。そこに、会社としての魅力を感じています。

ー今後のビジョンを教えてください。

入社して二年、これまで主にプレイヤーとしてやってきましたが、今はマネージャー職を任されています。ただ、前の会社から転職する時、マネージャー職に飽きてしまい、もう一度プレイヤーとして動き回りたいと思ったことが転職するきっかけの一つでもあったので、今後はチームをまとめつつ、自らもプレイヤーとして、より良いものを多くのお客様に提供し続けたいと思っています。そうして、今後入社する方のサポートもしっかりしていきたいと思っています。

やる気さえあれば、先輩社員はもちろん会社が全面的にバックアップします。入社を考えている方は、安心して飛び込んできてほしいと思っています。