INTERVIEW 社員インタビュー

お引き渡しまでに起こるさまざまな困難を乗り越え、
関係する全ての人に喜んでもらえる仕事を。

業務部 業務課 課長

ー現在の仕事内容と、仕事をする上で心がけていることを教えてください。

土地決済後から建物完成までが、私たち業務部の仕事です。建物が完成するまでの10ヵ月から1年ほどに及ぶ間、お客さまや関係する業者の方との調整役を担います。また、私の場合は業務部に所属する部員5人の現場を見る役割もしていますので、個人で担当している件数は少ないながらも、全体で見ている件数は常時90件ほど。すべての案件が、滞りなく進められるように管理を行っています。

業務部の仕事は、お客さまをはじめ、社内の方々や施工会社、管理会社の方など、さまざまなステークホルダーが関わり、みなさんの協力なしでは成り立たない仕事です。ですから、どなたにも真摯に向き合い、協力したいと思っていただけるように日頃から信頼関係を気づいていくことを大切にしています。

ーこの仕事のやりがいや魅力は、何だと思いますか?

お客さまと約1年間に渡ってお付き合いさせていただく中で、スムーズに完成まで進む場合もあれば、トラブルが起こることもあります。「工事が始まってから、地下に大きな障害物が埋まっていることがわかって工事が遅れてしまう、」というような蓋を開けてみなければわからない問題が起こることも。それでも建物が無事に完成し、お客さまに喜んでいただけた時には、やはり嬉しいですね。その喜びの声を聞いて、施工会社を始めとしたさまざまなステークホルダーのみなさんも喜んでくださると、一つのチームとして全員で建物を完成させたことへのやりがいを感じることもできます。

また、「次の時も、インベストオンラインさんにお願いしたい」とおっしゃってくださるお客さまも多くいらっしゃいます。2棟目、3棟目の物件を建てる時に再びお会いできると、喜びはまた格別ですね。

ーインベストオンラインの魅力は、何ですか?

当社に入社する前は、約13年間マンションのデベロッパーで企画営業職をしていましたが、なかなか社長や専務と話す機会がありませんでした。それに比べて当社は、私が入社してから社員数が3倍ほどに増えているにも関わらず、今でも週1回は必ず社長や専務と顔を合わせて打ち合わせする機会があります。だんだんと社員数が増えてきたので打ち合わせに出る社員を絞ろうかという話も、一時期はありました。ですが、逆に専務の方から「週に1度しかない機会なのだから、このまま継続しよう」と言ってくれて。そんな言動からも社長や専務との距離の近さを感じることができますし、社員一人ひとりとコミュニケーションをとることを大事にしている会社だと伝わってくる。そんなところに、この会社の魅力を感じずにはいられません。

ー今後のビジョンを教えてください。

現在は業務部の中で、ナンバー2の立場として部員のマネジメントを行っていますが、いずれは部を率いる立場になりたいと思っています。今後はますます部員数が増え、担当する物件も増えていくことになるでしょう。そうなっても全ての案件を滞りなく、お引き渡しまでスムーズに進められるよう、実力をつけていきたいと思っています。

また、これまで苦労していたこと、大変だった業務をどんどん改善していく取り組みも行い、その仕組みを社内全体で共有していけたらとも考えています。お客さまの声が集まりやすい業務部にいる私だからこそ、改善方法を提案していくこともできるはず。社員全員がより楽しく、より安心して働くことができる組織作りに貢献していきたいですね。