INTERVIEW 社員インタビュー

契約締結の場が、私にとっての晴れ舞台。
お客さまの新たなスタートを共に喜び合いたい。

仕入部 契約課 課長

ーインベストオンラインに入社するまでの経緯を教えてください。

不動産仲介会社で営業マンを経験した後に、同じ会社の契約審査部に転属し現在の契約業務を専属として従事することとなりました。その後、新築マンションのデベロッパーに転職、契約業務のマネージャーとして働いていました。そして3社目の会社がインベストオンラインです。

転職のきっかけは、後にグループ会社となるTATERUの代表の記事を目にしたことでした。その記事を読んで、ITと不動産を掛け合わせるという新しいかたちの不動産投資の手法に惹かれ、自分自身も新しい環境で成長をしたいと思ったのがきっかけです。

時を同じくして、当社の代表が出版した本を読んでおりファンだったので、代表の経歴や会社のビジョンには感銘を受けていました。その後、転職エージェントから当社を紹介され、実際に会った時は一読者として感激したことを今でも覚えています。これが当社へ入社するきっかけです。

今では、転職のきっかけになったTATERUと当社はグループ会社です。これは偶然ではなく、必然だったように思えてなりません。

ー現在の仕事内容と、この仕事のやりがいを教えてください。

業務内容は、大きく分けると主に三つあります。
一つ目は、投資家のお客さまへ新築アパートのご提案をする際に現地や役所へ出向き、実際に物件が建てられるかどうか土地の調査を行う仕事です。

二つ目は、それらの調査をもとに重要事項説明書を作成し、取引先や関係他部署との調整を行い、実際にお客さまとの契約時に必要となる売買契約書も作る仕事です。

三つ目は、作成した書面を実際にお客さまへ説明をし、契約締結を行う仕事です。
私たちが取り扱う商材は、億単位の物件です。調査の漏れやお客さまとの認識の違いなど一見すると小さく思えるミスが、後にお客さまにとって何千万という大きな損失になりかねません。ですから、土地の調査能力はもちろんのこと、わかりやすい契約書を作成し、ご説明するための文章能力や表現能力などさまざまなスキルが求められます。

その分責任は重いですが、全ての手順を終えて契約締結の場に至った時には、お客さまの喜びを誰よりも身近に感じることができ、それがこの仕事のやりがいにつながっています。

契約締結の場は、契約担当の私にとっての晴れ舞台。それまでの頑張りが全て報われる、嬉しい瞬間ですね。

ーインベストオンラインの魅力は、何ですか?

当社の社員は全員がキャリア採用で、それぞれの道を極めた人が在籍するプロフェッショナル集団。私も不動産業界歴は長いので多くの業界の人間を見てきましたが、その中でも選りすぐりの人材が集まっている会社です。

そんな会社ですので働き方もプロフェッショナルです。決められた勤務時間の中で最大の成果をあげましょうという考え方が根強く、残業することはよくないことという社風があり、休日も多いのが特徴で、オンとオフの切り替えがしっかりできているところが、魅力の一つだと思います。プライベートではゴルフや温泉巡りに出かけて、リフレッシュすることが多いですね。

風通しの良さも魅力の一つです。帰宅後に取締役を始めとした何人かで一緒にやるオンラインゲーム。帰宅後も上司と一緒…と思われがちですが、この時ばかりは上司も部下も関係ありません。広い敷地の中で様々なミッションをクリアしながら鬼から逃げるゲームで、ヘッドフォンマイクを使い連携しながら鬼から逃げるのですが、みんなはしゃいでいますね。この時ばかりは仕事の話は一切なしです。お酒を飲みながらゲームする人もいれば、時には社員の家族が変わってゲームすることも。このようにコミュニケーションをとっている職場は、珍しいかもしれません。

ー入社を考えている方へメッセージをどうぞ。

私はこれまで二度の転職を経験していますが、新しい会社へ飛び込む時は期待する反面、必ず不安もついてくるものだと思います。この文章を読んでいる方も、転職に関するさまざまな不安や悩みを抱えているのではないでしょうか。

ただ、インベストオンラインは本当に風通しが良く、社員同士がお互いを尊重し合って、助け合って成長している組織です。ぜひ、ここで自分の力を思う存分発揮してください。